育毛シャンプー

不都合な真実・・・。育毛シャンプーには育毛効果がないと気づく

あなたは今までどのくらいの育毛シャンプーを使ってきただろうか?

ハゲ坊主はスカルプDやチャッチアップ、ウーマシャンプーやサクセス薬用シャンプーなど有名なものも含めて約20本くらい使っている。でも悲しいことに、1本も満足のいく効果を感じたことはなかった・・・

次こそは効果があるんじゃないか!という期待を持って新シャンプーを購入する。だけど、毎回のように効果は実感できない。たどり着いた答えは育毛シャンプーに育毛効果はない・・・。ということだった。気づくのが遅いというツッコミはつらくなるからやめてね。

育毛シャンプーに効果がないというのは、よく考えてみるとわかることなんだ。日本人の薄毛の90%はAGA(男性型脱毛症)で薄毛になっている。だから、AGAに対して対策を打たない限りシャンプーで解決できるものではないんだ。AGAって何?っていう人は以下の記事を一読してほしい。

AGA(ハゲ)の原因を知り、対策を打つ。育毛剤は効果がないと悟る日本人の薄毛の原因の90%は、男性型脱毛症(AGA)によるものだ。だから、AGAに対策を打たなければ薄毛を根本的に解決することはできない...

ハゲ坊主の結論を伝えるよ。育毛シャンプーは頭皮の環境を整えてはくれるけど、薄毛を改善できるものではない。だから、必要以上にお金をかけるものでもない

今回は育毛シャンプー業界の不都合な真実について語っていくよ。

育毛シャンプーには育毛効果はない?

一般的に育毛シャンプーは、以下の2つの理由から育毛効果があると言われている。

  • 育毛に有効な成分が含まれている
  • 頭皮の環境を衛生的に保つ

『画期的な独自有効成分を開発した!』や『健康的な頭皮の環境をつくることで発毛を促進できる!』という言葉で語られることが多いよね。ではこの2つは本当に大切なのだろうか?

育毛に有効な成分が含まれている?科学的証明はない

市販の育毛シャンプーには有効成分として、「特許取得の新成分」や「海藻成分」、「無添加成分」などが含まれていると紹介されている。でも、どの成分も科学的には効果が認められていないんだ。

だから、育毛シャンプー販売会社は『発毛できる』や『薄毛・ハゲを改善できる』などの宣伝は絶対にしない。法律違反だからね。でも、それとなく薄毛が改善できるようなイメージを植え付けるのは上手だ。

そもそも『育毛シャンプー』という名前がややこしいのかもしれない。育毛に効果はないシャンプーなのに『育毛』とつけちゃうからハゲ坊主のように誤解してしまう人が出るんだ。

育毛シャンプーは薄毛の進行を遅らせることができるかもしれない。しかし、薄毛を改善できるほどの効果はないぞ

頭皮の環境を衛生的に保つ?日本人は十分清潔だ

育毛シャンプーを使うことで頭皮の環境を清潔に保つことができると言われている。これは確かに大切だと思うよ。ただし、現代人は毎日お風呂に入っているんだ。頭皮環境が悪くて薄毛になる人なんてほぼいない。だから、育毛シャンプーに頼る必要はない。

江戸時代の人は1カ月に1度くらいしか髪を洗わなかったみたいだ。では江戸時代の人が現代人よりハゲていたかというとそうではない。むしろ現代人の方が薄毛は多くなっており、特にシャンプーを使うようになってから薄毛人口が増えたと言われているよ

俺が以前読んだ本の中に『シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (角川書店単行本)』というものがある。アマゾンの評価は星4以上であり、内容も読みやすくて面白かった。

その本の要点をまとめると、以下のような感じ。

シャンプーは強力な界面活性剤やホルモンを乱す成分、防腐剤など人体に悪影響を与える成分が含まれている。そのようなシャンプーで頭を洗うと皮脂を落とし過ぎてしまうため、皮脂腺が皮脂を補給しようと発達する。その結果、本来は髪の毛に運ばれるはずの栄養素が皮脂腺に供給されてしまい、髪が細くなってくる。

その他にも様々な情報が書かれている。口コミにはこの本に書かれている湯シャン(シャンプーを使わない洗髪方法)とシャンプーの利用の割合を変えただけ髪が増えたというものもけっこうあった

皮脂には髪や頭皮を乾燥から守るという大事な役割もあるから、洗浄力の強力なシャンプーで洗いすぎるのは良くない。もちろん全く洗わないというのも問題だよ(笑)。

ハゲ坊主は育毛シャンプーを使って抜け毛が減ったと感じたことはなかった。どちらかというと頭皮が痒くなったり、赤い発疹ができることはあった。今ではAGA治療で髪がしっかり生えたから、安くて頭皮に優しければ何でも良いと思っている。それまで超買ったけどね。

湯シャンが話題になっていたのは、シャンプーの薄毛対策効果がほとんどないことがわかってきているからなのではないかな?

育毛シャンプーの不都合な真実

ハゲ坊主は『育毛シャンプーは効果がないんじゃないかな?』と思っても買い続けてしまった。それには訳がある。育毛シャンプーの販売サイトに載っているbefore afterの写真が強烈だったから

たとえば、薄毛芸能人として有名な宮迫さんのbefore afterは本当にすごい。

めっちゃ生えてるやん!と思わず関西弁になるレベルの生え方だ。

正直、この写真を見てハゲ坊主はスカルプDを買っちゃいました(笑)。結局、スカルプDは髪がキシキシして抜け毛が増えたので合わなかったけど、効果が出ている人もいるかもしれない。

実は、ここでよく見て欲しいのは薄毛が改善した頭の部分ではない・・・。左側の文字の部分だよ。

『スカルプDと頭皮治療薬を併用しております』。つまり、薄毛治療としてはAGA治療薬を併用しており、このような髪の増え方はシャンプーの効果だけではないということ。というよりもむしろAGA治療薬の効果がほぼ100%だと思う。

スカルプDに関してはまだ読みやすく記載されているので良心的なんだ。

育毛シャンプーの中には、わかりにくいように小さく「効果には個人差があります」などと書かれている。育毛シャンプーのbefore afterの写真のほとんどはAGA治療薬も併用してはずだ

育毛シャンプーの効果だけで薄毛が改善しているわけではないというのが真実ではないかな?

育毛シャンプーの効果を本気で検証してみた

日本皮膚科学会は『男性型脱毛症(AGA)治療ガイドライン』を出している。AGAとは男性ホルモンの影響によって抜け毛が増える、男性特有の脱毛症。日本人の薄毛の9割はAGAが原因と言われている。

このガイドラインはAGA治療の効果について以下のレベルを設定している。

  1. レベルA :もっとも効果が期待できるAGA治療法
  2. レベルB:一般的に効果があるAGA治療法
  3. C1レベル:効果に十分な根拠がないAGA治療法
  4. C2レベル:根拠がなく、おすすめできないAGA治療法
  5. レベルD:行なうべきではないAGA治療法

そして、日本皮膚科学会が出した治療ガイドラインは以下の通り。

男性型脱毛症診療ガイドライン

上の表のオレンジで囲まれている部分は育毛剤や育毛シャンプーに含まれている成分なんだ。つまり、効果に十分な根拠がないAGA治療法として評価されている。日本皮膚科学会も育毛シャンプーは十分な根拠がないよと伝えているのだ。

薄毛対策のためのシャンプーの選び方は?

今まで説明してきたように、育毛シャンプーに育毛効果はない。育毛シャンプーのメリットは頭皮の環境を正常に整えること。だけど、ほとんどの現代人は基本的に清潔なんだ。

だから、育毛シャンプーを選ぶときは、薄毛改善を期待してシャンプーを選ぶのではない。間違ったシャンプーを選ばないことが何よりも大切なんだ。つまり、頭皮に優しいシャンプーを選ぶのがポイント

具体的にはアミノ酸系シャンプーでノンシリコンのものであれば何でも良いという感じ(笑)。高額なシャンプーにお金をかける必要はないよ。詳しいシャンプーの選び方や頭皮の洗い方については以下の記事を参考にしてほしい。

AGA治療なら刺激の弱いシャンプーを!育毛シャンプーの最低限の選び方20代・30代といった若い年代のうちに髪の毛が薄くなってくる人は少なくないよ。薄毛を進行を抑えるためにも「どのようにシャンプーを選べばい...

育毛シャンプーの中には5,000円以上するシャンプーもあるけど、そんなシャンプーを選ぶ必要はないよ。それよりも薄毛の原因であるAGAに対策を打つことの方が大切なんだ

今まで「育毛シャンプー」や「育毛剤」、「育毛サプリ」で効果が出なかった人は、これからも薄毛は改善できない。AGAが原因の薄毛は、男性ホルモンに対してアプローチしない限り、どんなに薄毛対策を行ってもお金と時間の無駄なんだ。

抜け毛の原因である男性ホルモンに対してアプローチしないと改善されないからね。AGA治療について興味がある方は以下の記事を参考にしてみてね。育毛シャンプーや育毛剤すら使わなくても薄毛は治療できるんだ。

AGA治療の体験談。AGA治療薬の効果を写真で公開管理人のハゲ坊主です。AGAクリニックで治療したらすごい効果があったんだ。効果を公開するよ。写真はこんな感じ。 ...