AGA治療薬

ミノキシジルの効果と副作用を体験したよ!内服薬と外服薬はどっちがよい?

ミノキシジルの発毛効果は、他の育毛剤がかすんで見えるほどに優れている。厚生労働省からも「髪の毛が生える」として認定されているくらいなんだ

ハゲ坊主はミノキシジル外用薬(頭皮に直接塗るタイプ)で有名な育毛剤リアップと内服薬のミノキシジルタブレットの両方を使ってみたんだ。

結論から言うと外用薬のリアップで副作用が出て、内服薬のミノキシジルタブレットではかなりの効果が出た

このページではミノキシジルの効果や副作用、内服薬と外服薬はどっちが良いのかについて紹介するよ。

ミノキシジルの効果は抜群の発毛促進力にあり!

ミノキシジルの効果はとにかく他の育毛剤と比べ物にならないくらい優れた発毛効果にあるんだ

ミノキシジルは、もともとは1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発されて血圧降下剤として使われていたんだ。でも、患者さんが副作用として全身の多毛症(身体が毛深くなる)を頻繁に引き起こしてしまったんだ。

そこに着目されて発毛や薄毛の治療に使えると研究され、脱毛症の治療に有効だと発表されたわけだ。今では、AGA治療を専門としているクリニックではほぼ100%ミノキシジルを処方するというくらい効果的な治療薬なんだ

ちなみにハゲ坊主はフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルの飲み薬を1年間飲んだだけでこんな感じ。

ミノキシジルの効果は確かにすごい。ちなみにハゲ坊主の場合は全身の毛もちょっと濃ゆくなった(笑)。まあこれはしょうがない。頭もしっかり生えているんだから良しとしたよ。

ミノキシジルには外服薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)がある。どちらも発毛効果があるけど、効果の高さは飲み薬であるミノキシジルタブレットの方が高い。内服薬の方がミノキシジルが血流に流れるので良く効くんだ。簡単にまとめるとこんな感じだ。

効果実感率 副作用発現率 特徴
ミノキシジル外用薬 91% 8.82% 徐々に効果が出る
ミノキシジル内服薬 99% 3~4% 効果が高くて速い

ちなみに副作用も内服薬の方が低くなっているが、内服薬は医師の診断の元でしか処方されない。だから、健康状態に問題がある方や副作用の危険性がある方は、ミノキシジルタブレットを飲めないため、副作用発言率が下がっているだけだと思うよ。

また、副作用の内容はちょっと異なったんだ。ハゲ坊主は実際に2つ使ってみたからそれを紹介するね。

ミノキシジル外用薬(塗り薬)の副作用は?痒い!

ミノキシジル外用薬で有名なものは、薄毛なら誰でも知っているリアップだ。これを知らない人は薄毛で悩んでいないだろうなと思うくらい有名なんだ。

リアップのようなミノキシジル外用薬には以下の通りの副作用がある。最も一般的な副作用は頭皮の痒み

  1. 頭皮の痒み、発疹
  2. 頭痛
  3. めまい
  4. 動悸
  5. 胸痛

厚生労働省が行った『第4回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会』では、リアップX5の使用者に副作用についてのアンケートを取っているよ。

公式なデータなので信頼できるけど、リアップX5を使用している3,071症例中、271例で副作用が確認でき、副作用発現率は8.82%となっている。約9%の方に副作用が現れたんだ。

ちなみに私の場合もリアップの使用によって頭皮の痒みと発疹が出たんだ。私は最初からリアップX5を購入した。リアップX5は通常のリアップの5倍のミノキシジルが入っているため、効果は高いが副作用が出る可能性も高い。

そして、1週間ほど使い続けた結果、痒みがひどくなるばかりだったので使用を断念しました・・・。とにかく痒くてしょうがなかったし、抜け毛も増えたよ。ミノキシジル外用薬を使ってみて「頭皮にピリピリするような違和感がある」人は注意だよ詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

育毛剤リアップの副作用でハゲる・・・。効果が出たのはAGA治療だった育毛剤・・・。すべての薄毛が一度は使ったことがあると思う。これを使えば髪が生えて、鏡をみてへこむこともなくなるはず!そんな思いで管理人の...

ちなみに、それでも懲りないアホな私は、なんとそこから通常のリアップを購入したんだ。育毛対策に必死だったからね。案の定、通常のリアップも1週間ほど使用して痒みが出てしまい、ほとんど満タンのまま私の育毛対策コレクションの一つとなったよ・・・。

基本的に外用薬は敏感肌の人には合わないと思う。私は洗顔でも刺激が強いタイプのものを使うと肌が赤くなってかゆみが出る。敏感肌の人は外用薬は注意が必要だよ。

また、AGAクリニックなどではミノキシジルを頭皮に塗るタイプの育毛剤もあるけど、敏感肌で育毛剤を使うと頭皮が痒くなるという人は使わない方が良い。

私の場合もクリニックで「リアップを使用して頭皮に痒みが出た。」と伝えると、「塗布型の育毛剤は治療プランには含まないでおきますね。」ということになったんだ。

ミノキシジル内服薬(飲み薬)の副作用は?多毛症!

ミノキシジルの内服薬はミノキシジルタブレットやミノタブと呼ばれている。

ミノキシジルタブレットは直接体内からミノキシジル成分を摂り込んで髪の毛の成長を促進させることができるんだ。頭皮に塗るよりも直接的に体内にミノキシジルを摂取しているから、より高い効果を得ることができる

特にミノキシジルタブレットの副作用は以下の5つがある。

  1. 低血圧になる
  2. 体毛が濃くなる
  3. 肌が荒れる
  4. 動悸・息切れが出る
  5. 精力減退・EDになる

内服薬は効果が高い反面、塗り薬にはない多毛症などの副作用がある。ではそれぞれの副作用について簡単に確認。

低血圧の症状が出やすくなる

ミノキシジルは血圧を下げる薬として開発された。現在では髪が生える効果があるため、血圧を下げる薬としては使用されていないけど、血圧を下げる副作用があるよ

また、実はミノキシジルになぜ発毛効果があるのかは詳しくはわかっていないんだ。ミノキシジルには血管を拡張する働きがあるため、髪に栄養が届きやすくなると言われているけど、それなら他の血圧の薬でも発毛効果が出るはず。

でも他の薬ではこのような発毛効果はないことから、ミノキシジルは毛根の細胞を活性化する働きがあると考えられているんだ。

どちらにせよ、ミノキシジルの一つ目の副作用としては、血圧が下がりやすいというものがある。だから、血圧の薬を飲んでいる人はミノキシジルを飲むことはできないよ

体毛が濃くなる。多毛症になるよ

ミノキシジルには髪の毛だけでなく、体毛が濃くなるといった作用もある。多毛症と言われているけど私にもこの副作用は起こった。

ちょっとわかりにくいかもしれないけど、眉の上とかも毛が濃くなったんだ。肩とかすね毛とかは気にならないけど、体毛が濃くなることは十分に考えられる

「薄毛を治療して体毛も濃くなる」か「薄毛になって体毛はそのまま」のどっちかみたいな感じだよ。

肌が荒れる

ミノキシジルを使うようになってから、肌荒れやニキビができるようになったという症例もある。

ミノキシジルには血管拡張作用があるけど、それによって血流が良くなるだけではなく皮脂の分泌も活発になるんだ。皮脂分泌が促進されることで、毛穴が詰まってしまったりするとニキビや肌荒れの原因にもなる。

この副作用について、私には起こらなかった。私はむしろ脂性だった頭皮がフィナステリドとミノキシジルを飲み始めてからかなり改善された

これが治療薬の影響かどうかはわからない。でも、ジヒドロテストステロンが減ると毛根への刺激が抑制されて皮脂の分泌が減る可能性があるんじゃないかと思っている。あくまでもハゲ坊主の意見だけどね。

動悸・息切れ

心臓に与える副作用は、健康に直結するため気になるところ。ミノキシジルの血管拡張作用によって、心臓への副作用が出ることもあるんだ。服用することで、これまでよりも血流が活発になるため循環器に影響をもたらす可能性がある

実際にミノキシジルタブレットの服用を停止したことで、動機や心臓の違和感が消えたという報告もある。ミノキシジルタブレットの副作用として動機や息切れがあることは覚えておいた方が良い。

私の場合もミノキシジルタブレットを飲んだ翌日に動悸が起こった気がする。ほんの30分程度でミノキシジルの副作用だったのかはわからない。副作用について敏感になっていたから、いつもは気にならない程度のことが気になっていたのかもしれない。

特に強くもなかったから飲み続けたけど、その後は全然起こらなかった。

精力減退・ED

なぜふさふさになりたいのか?それは男性としてモテたいからだ。正直ハゲていたらお洒落することもできない(涙)。やはりお洒落してモテるためには、髪の毛がある方がないより良い。

でも、せっかくふさふさになってモテるようになっても、精力が減退したら男としてどうなんだろうか?本末転倒感がハンパじゃないよね(笑)。

ただし、勢力減退・EDについてはミノキシジルタブレットの副作用は小さいと言われている。どちらかというとフィンペシアの方が精力減退の副作用は大きい。

ミノキシジルタブレットを飲む人はほとんどの場合、フィンペシアも同時に飲むので副作用が混同してしまうのかもしれない

ミノキシジルの内服薬と外用薬の効果のまとめ

ミノキシジル内服薬と外服薬をまとめるよ。

メリット デメリット
ミノキシジル内服薬 「抜け毛の減少」など薄毛に対する効果はゆるやか。多毛症になりにくい。 成分の浸透率は低く、効果を実感するのに時間がかかる
ミノキシジル外服薬 「頭頂部の発毛」など高い薄毛改善の効果がある。成分の浸透率も高いから効果が早く、実感しやすい。 医師の処方が必要で効果が高い反面、副作用も強い

おすすめの使い方は外服薬を使ってみて、それでも効果がなかったり副作用が起こったら内服薬にしてみる方法だ

ミノキシジルとの付き合い方は?おすすめの使い方

ミノキシジルのおすすめの使い方は、まず外服薬であるリアップを使用してみることだ。外服薬には大きな副作用はないし、これで発毛出来たらバンザイだよね。そして、もし頭皮の痒みが出たり、効果が出ないようであれば内服薬に変えてみるとよい。

内服薬の治療効果は絶大だ。厚生労働省や皮膚科学会が認めるくらいで臨床試験の結果から考えても、ほとんどの人に効果が出るだろう

ただし、ミノキシジルの内服薬はAGAクリニックに通わないと処方されない。飲み薬は効果が高い反面、副作用も高いから医師が健康状態を診てからじゃないと処方されないんだ。

ちなみにミノキシジルタブレットの副作用が出る確率は低いけど、それは医師がミノキシジルを服用してはいけない人を判断しているからなんだ

ミノキシジルを服用をしてはいけない人

ミノキシジルタブレットの服用を避けた方が良い人についても紹介するよ。以下の人は服用しない方が良い。というかクリニックでミノキシジルの処方を受けられない

  • 心臓に疾患を持っている
  • 低血圧や血圧の薬を飲んでいる方
  • 肝臓や腎臓に疾患がある方

心臓に疾患を持っている人は負担がかかるからNG

ミノキシジルタブレットは血管を拡張して血流を促進するという働きがある以上、もともと心臓に病気などを持っている方にとっては影響が大きくなる。

動悸や息切れ、心臓の違和感程度で済めばよいけど、最悪の状況にもなる可能性もゼロではない

低血圧気味の方・降圧剤を使用している方もNG

低血圧気味の方や血圧の薬を飲んでいる方は、血圧に影響が出てしまう。命に直結するような重大な副作用は起こらないけど、血圧を調節しにくくなるので使わない方がよい。

肝臓や腎臓に疾患がある方も負担がかかるからNG

血圧の薬や育毛サプリも含めて、薬は基本的に肝臓や腎臓に負担をかける。栄養ドリンクも毎日飲むと肝臓や腎臓の負担になるくらいなんだ。そのため、肝臓や腎臓に問題がある方はミノキシジルは服用しない方がよい

副作用の可能性がある人はミノキシジルを処方されない

AGAクリニックでは、薄毛対策の治療を行う際にはこの「心疾患のリスク」、「血圧のリスク」、「肝臓や腎臓のリスク」について診察する。そのため、どんなにミノキシジルを使ってみたくても、医師が検査した結果で処方が決まる

結局、ミノキシジルが使えるかどうかはAGAクリニックに通ってみないとわからない。気になる方はAGAクリニックの無料カウンセリング等で相談するのがおすすめ。AGAクリニックの選び方は以下の記事を参考にどうぞ。

簡単比較したよ!安全性と治療費の安いAGAクリニックランキング!AGAクリニックを選ぶときに大切なことは何だと思う?それは『治療薬の安全性が高い』ことと『治療費が安い』ことなんだ。 AGA治療は...

ミノキシジルは使い続けないといけない?1年で良い

個人的にはミノキシジルの副作用はちょっと怖い。結局、1年間使って何も起こらなかったから安心しているが、2年目からは維持治療としてフィナステリド(プロペシア)だけを飲んでいる

AGA治療は最初の1年で発毛したら、あとはフィナステリドで抜け毛を予防すればOKだ。だから、ミノキシジルは最初の1年間飲めば良いと思っている。それで薄毛がまた進行したら飲むか考えるが、2年たってもしっかりと維持できている

もしあなたが効果のない育毛剤やシャンプー、育毛サプリに疲れているなら、ミノキシジルを使ってみることがおすすめだよ。その際は副作用も頭に入れながら、『何だかおかしいな』と感じたときは服用を中止するようにしてほしい!

AGAクリニックの体験談については以下の記事を参考にどうぞ。