生活習慣が悪い

薄毛に筋トレは厳禁?男性ホルモン(テストステロン)よりもAGAでハゲる

やっぱり男なら女の子にもモテるように身体をしっかりと鍛えたいよね。でもちょっと待って・・・。男らしい身体には憧れるけど、「筋トレするとハゲる!」このような噂を聞いたことはない?

実は筋トレをすると本当に薄毛は進行するんだ。ただし、すべての人が薄毛になるわけではないよ。もし筋トレでみんながハゲたら、ボディービルダーやスポーツ選手は全員ハゲだからね(笑)。でも実際は筋トレマニアが剥げているわけではない。

では筋トレでハゲる人とハゲない人の分かれ目は何なのか?それを紹介するよ。

筋トレで薄毛になるのはAGA(男性型脱毛症)の人

筋トレで薄毛になるのは遺伝的にAGAを発症しやすい人なんだ。AGAとは男性型脱毛症と言って男性ホルモンの影響で抜け毛が増える脱毛症のこと。

この男性ホルモン(テストステロン)は頭皮で「5αリダクターゼ」という酵素と結合してジヒドロテストステロンに変化する。そして、ジヒドロテストステロンが毛根を攻撃して抜け毛が増えてしまうんだ

AGAについて詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめだよ。

AGA(ハゲ)の原因を知り、対策を打つ。育毛剤は効果がないと悟る日本人の薄毛の原因の90%は、男性型脱毛症(AGA)によるものだ。だから、AGAに対策を打たなければ薄毛を根本的に解決することはできない...

そして、筋トレでハゲあがる人はこのAGA型の薄毛の人なんだ。筋トレを行うと男性ホルモン(テストステロン)が増加する。この男性ホルモンが抜け毛の原因物質に変化してしまうんだ

筋トレでハゲない人はジヒドロテストステロンができにくい

逆に筋トレを行ってもハゲない人もいる。そのような人は、ジヒドロテストステロンが遺伝的に少ない人や、ジヒドロテストステロンを感じにくい体質。AGAではない人がどれだけ筋トレして男性ホルモン(テストステロン)が作られても、薄毛にはならないわけだ。

また、ジヒドロテストステロンは有酸素運動によって抑えることができる。激しい筋トレは薄毛になるけど、適度な運動は薄毛予防に効果的だよ。ジヒドロテストステロンの対策方法は以下の記事を参考にしてね。

AGA治療のカギ!ジヒドロテストステロンに打ち勝つ対策方法!体験談を紹介だよあなたがジヒドロテストロンという言葉を知っているなら、すでにあなたは薄毛対策上級者だ。そして、管理人のハゲ坊主のように薄毛に少なからず悩...

結局、筋トレで薄毛になるかどうかは遺伝によるんだ

筋トレを続けてみたら実際に薄毛になった体験談

実はハゲ坊主は筋トレが大好きだ。もともと運動が好きで筋トレ後の筋肉痛に快感を覚えるタイプだ。それで筋トレが薄毛につながるとも知らずに週1~2回くらいせっせと筋繊維を傷つけていた。

その結果、薄毛はゆっくりと着実に進行していった。頭頂部やつむじ、M字部分は年々薄くなるばかりだった。でもハゲ坊主の場合、筋トレが薄毛の最も大きな薄毛の原因ではないと思う。少しくらいは薄毛の進行が早まったかもしれないが根本的な薄毛の原因ではない。

なぜならハゲ坊主の父親と両祖父はみんなハゲだけど、誰も筋トレをしていない。それでもハゲ上がっているんだ。ちなみにおじーちゃんはこんな感じ。完全体だ。

だから、ハゲ坊主は筋トレで薄毛になったというよりも、遺伝的(AGA)にかなりハゲやすい体質だと思っている。

つまり、筋トレが原因で薄毛になる人はそもそも遺伝的にハゲやすいから筋トレしてもしなくてもそのうち薄くなっていく・・・

それでも男性ホルモン(テストステロン)はとても大切

何もしなくても薄毛になるのだから、男性ホルモンはAGA型の薄毛にとってやっかいだ。ところがこの男性ホルモン(テストステロン)は男性にとってすごく大切でもある。テストステロンには以下の作用があるからね。

  • 男性としての性的魅力が高くなる
  • 筋肉や骨格を大きくする
  • 動脈硬化の予防
  • 内臓脂肪を抑制する
  • 性欲増進
  • 判断力、決断力が高まる
  • 闘争心や意欲が高まる

つまり、テストステロンが多い人ほど男性的魅力が高くて女性にモテるのだ。しかも女性は本能的に、このテストステロンの量を読み取り、男性を選別している。さらに仕事で成功している男性やステータス(社会的地位)が高い男性は、実際にこのホルモンが高い傾向にある。

『英雄色を好む』と言われているけど、仕事ができて女性にもモテる性欲の高い男性は、テストステロンの量が多いわけ。

このテストステロンは、筋トレ以外にも良質な睡眠やバランスの良い栄養によって作られやすくなる。ただし、生活習慣が良い人はテストステロンが豊富であっても、ジヒドロテストステロンに毛根が反応しにくくなるから薄毛になりにくい

逆に生活習慣が悪い人が筋トレを行ってしまうと、豊富にできたジヒドロテストステロンに毛根が敏感に反応して薄毛まっしぐらなんだ

AGA型の薄毛の人が筋トレをすると薄毛になるのは確か。でも、生活習慣が良い場合はある程度カバーすることができるんだよ。

プロテインでは薄毛にならないよ

ちなみに時々「プロテインを飲んだらハゲるの?」と思っている方もいるけど、それはないから大丈夫だよ。

一般的なプロテインにはタンパク質が含まれている。タンパク質である肉や魚を食べてもハゲないのと同じでプロテインを飲んでもハゲることはないんだ

プロテインを飲む人は筋トレを行っている場合がほとんど。だからプロテインも薄毛になるち怪しまれるけど、原因は筋トレによる男性ホルモン増加のほうにあるからね。

薄毛を改善するためにはAGA治療が良い

筋トレをしても薄毛とならない方法としてはいろいろある。基本的には抜け毛の原因であるジヒドロテストステロンを抑える方法と一緒だ

  1. AGA治療を行う
  2. 生活習慣を整える(運動・栄養・休養)
  3. ストレスを溜めない
  4. アルコールや飲酒を控える

この中で最も効果的なのはAGA治療だ。AGA治療ではジヒドロテストステロンが毛根を攻撃するのを抑える治療薬(プロペシア)を飲むことによって、薄毛の進行を止めることができる

つまり、筋トレしてムキムキの肉体を手に入れて女性にもモテつつハゲないのだ(笑)。

薄毛の進行が気になっている人は筋トレを抑えつつ生活習慣を改善してみると良いだろう。しかし、多くの場合はそれでも薄毛の進行は止まらない。なぜなら、根本的な原因である男性ホルモン(テストステロン)への対策が打てないからだ。

特に今まで育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリなどを使ってきたけど、薄毛の進行が止まらなかったという人はこれからも薄毛が進行する。ハゲ坊主は8年間、薄毛対策商品で頑張ってきたけど薄毛の進行を止められなかった。

でもAGA治療を受けてフィナステリド(プロペシア)を飲むことで薄毛は改善された。ちなにみAGA治療中も筋トレやスポーツは続けている。それでも薄毛は改善されたのだから、薄毛は筋トレ自体に問題があるというよりも体質の問題なんだ。AGA治療について興味がある方は以下の記事を読んでほしい。