薄毛治療ができる病院は?

HOME » AGA » 薄毛治療ができる病院は?

薄毛治療ができる病院は?

・薄毛治療の病院ってあるの?
「最近、髪の毛が少なくなってきた気がする」、「頭頂部の地肌が透けて見える」。
自身の薄毛の兆候に気が付いた人は治療をするために、専門の病院で診てもらった方がいいです。
薄毛治療は、それを専門でやっているクリニックがありますので、そこで受診することになります。

・薄毛の兆候はAGAかも?
頭頂部やオデコのあたりが少し寂しくなってきたと感じたら、AGAの兆候かもしれません。
朝起きた時に枕に着いている抜け毛は、細くて短いものではないですか?
もしそうであるならば、薄毛の進行が始まっています。
細くて短い抜け毛は、毛髪が成長する前に抜け落ちてしまっている証拠なので、毛根がAGAのせいで弱って来ているのかもしれません。
AGAは、早い段階で治療すれば、治る可能性が高い症状ですので、まずは兆候が出ていないかチェックすることが肝心です。

・AGAの治療薬は?
AGAの治療薬は、プロペシアというお薬を飲んで治します。
現在は、プロペシアのジェネリックが処方されるところもありますので、昔と比べて治療費が抑えられます。
プロペシアのジェネリックの名前は、フィナステリド錠という医薬品名です。
これは、プロペシアの有効成分がフィナステリドという成分であることから、この名前になっています。

・薄毛治療は保険診療?
残念ながら薄毛治療は病気の治療目的とは認められていないため、この国では保険診療の適用にはなりません。
診察代から処方箋代まで全て自己負担になりますので、治療を受ける時にはある程度のお金が必要です。
費用の目安としては、月2万円から3万円程度を見越しておくといいでしょう。

・治療の効果が見え始めるまでの期間は?
個人差はありますが、半年以上は時間がかかると思っておいた方がいいです。
途中で服用をやめてしまうと、症状が改善しなかったり、治りかけていたものが再発するケースもあります。
服薬の中断は、必ず医師に相談してから行うようにしなければなりません。

・タバコが毛髪に悪いという理由
今現在タバコを吸っている人は、頭髪に悪影響を及ぼすので、できるだけ速やかに禁煙を心がけた方がいいです。
「いまさら禁煙しても」と思う人もいるかもしれませんが、そのまま吸い続けるよりかは、断然良いので、禁煙はぜひともやるべきです。
ヘビースモーカーの場合は恐らく、AGA治療クリニックで診察を受けた時にも、医師から禁煙をすすめられる可能性が高いでしょう。