AGAとは?どんな病気なの?

HOME » AGA » AGAとは?どんな病気なの?

AGAとは?どんな病気なの?

・AGAとは?男性によくある症状
今回は、男性に多い症状のひとつ「AGA」について、詳しく説明したいと思います。
AGAとは、日本語で男性型脱毛症のことを指し、男性に多くみられる薄毛の症状を意味しています。
この症状は、男性ホルモンの影響で発症すると考えられており、治療薬の服薬治療と生活習慣の見直しで改善されていくものだと言われています。
ここでは、そんなAGAの症状に関して、情報を深堀りしていきます。

・AGAの兆候とは?
毛髪一本一本の太さが細くなったり、抜け落ちる毛髪の数が明らかに増えていたりするような場合は、薄毛の傾向があらわれているのかもしれません。
まずはヘアケアと食生活、生活習慣の改善から始めて、それでも改善しない場合は本格的な治療を始めていく流れになります。

・AGAの症状は進行するの?
AGAの症状は放置していると、そのままジワジワと進行していきます。
発症してから5年後を目安に急激に毛髪数が減少していくので、早期発見および早期治療が肝心となります。
できれば、AGAの兆候が見られたその段階で、治療に行くなりヘアケアをするなり、何らかの対策をしたほうがいいでしょう。

・どこから薄毛の症状が現れるの?
一般的には頭頂部から進行していくことが多いのですが、人によっては額の毛髪の生え際から薄くなっていくケースもみられます。
特に頭頂部から兆候があらわれている場合は、なかなかその初期症状に気がつけないこともありますので、定期的に鏡でチェックすることが肝心です。
つむじの部分から薄くなることが多いので頭頂部を確認してみましょう。

・AGAの原因物質
AGAは、男性ホルモンが過剰分泌が原因だと考えられています。
男性ホルモンと聞くと、筋肉や精子の生成に必要な物質ではあるのですが、その中のジヒドロテストステロンという物質が、毛髪に悪影響を与えるのだそうです。
この物質を抑制するのが、AGA治療薬になります。

・AGA治療に効果的な医薬品
AGAの治療には、主にプロペシアを処方してもらい、それを一定期間服用します。
このお薬は、ジヒドロテストステロンの過剰分泌を抑制する働きがあるものです。
最近ではプロペシアのジェネリックが安く処方されていますので、そちらを処方してもらえれば、昔ほどの高額な治療費を負担しなくて済みます。
ちなみに、ジェネリック医薬品は、有効成分が新薬と同じものですので効果・効能は変わりません。
お薬での治療考えてる人は、AGA治療のクリニックに問い合わせてみるといいでしょう。