AGA治療で薄毛は解決するの?

HOME » AGA » AGA治療で薄毛は解決するの?

AGA治療で薄毛は解決するの?

・AGA治療で薄毛の悩みを解消しよう!
「薄毛を改善したい!」、「薄毛にだけはなりたくない!」これは男性が切実に願うことです。
最近では薄毛にも病名がつけられていて、AGAという名称で呼ばれています。
このAGAとは、一体どのような症状で、どのような原因で発症するものなのでしょう?
今回は、そんなAGAに関する情報を分かりやすくまとめてみました。

・AGA治療とは?
AGAは「Androgenetic Alopecia」の略、すなわち男性型脱毛症のことです。
男性に特にみられる症状で、頭髪が薄くなる傾向があられ始めたらAGAの兆候が現れている可能性があります。
AGAの治療では、主にAGA治療薬による投薬治療を行います。
AGA治療専門のクリニックもあり、そこに通院しながらお薬を処方してもらう流れになります。

・AGA治療の評判は?やるべき?
AGAは医学的に確立された治療法なので、やるべきかやらないべきかと問われたら、やるべきだと思います。
ただし、AGA治療は保険診療ではないため、全額自己負担になります。
そのため、自身の経済的な事情もかんがみて、治療を始めるかどうかを決めなければなりません。

・AGA治療の施術内容
主に、ヘアケアと生活習慣の改善、それに投薬治療です。
ヘアケアと生活習慣に関しては、自分で対処していかなければなりませんが、投薬治療はその努力の成果を最大限にしてくれます。
処方されるお薬は、プロペシアと呼ばれる医薬品が一般的です。
プロペシアは、AGAの原因物質と呼ばれている、ジヒドロテストステロンというホルモン物質を抑制する効果があるといわれています。
このプロペシアを数か月服用して、経過を観察していくのが治療の流れです。

・AGA治療のメリット
コンプレックスの薄毛が改善することで、自信を取り戻すことができます。
人によっては薄毛をものともしない強い人もいますが、全員がコンプレックスを武器にしてポジティブに生きられるとは限りません。
薄毛が進行することで、人前に立つ自信がなくなる人もいますし、異性と話すことに恐怖感を覚えてしまうようなケースもあります。
AGA治療を施し、薄毛を改善させることで、それらのコンプレックスを根本から取り除くことができるのです。

・AGA治療のデメリット
投薬治療で出される薬には併用禁忌薬がありますので、それを服用する人、もしくは真血管系に持病がある人は、AGA治療を受けられない可能性があります。
また、AGAのお薬は、現状のところ継続して飲み続けなければならないものですので、その分治療費が毎月掛かってきます。
大体ひと月あたり、2万円から3万円程度かかりますので、経済的な負担を考慮した上で治療を始めなければなりません。

・薄毛になる原因
薄毛の原因は遺伝的な要因もありますが、生活習慣が発症の引き金になっていることが多いです。
例えば、血行を阻害するタバコや脂肪の摂り過ぎなどが引き金になります。
睡眠不足や慢性疲労も、自律神経を狂わせて血行障害を起こす原因になりますので、薄毛の要因の一つと考えてもいいでしょう。
早い段階でこれらの状況を改善をしていけば、比較的改善の余地があるのがAGAだと考えられています。

・AGAの初期症状
気が付くと、枕に抜け落ちている毛髪が増えているケースや、髪の毛自体が昔より細くなってきているようなケースでは、AGAの初期症状が疑えます。
特に細くて短い髪の毛が、よく抜けているようであれば要注意です。
これは成長途中の毛髪が、毛根が弱っているばっかりに成長しきる前に抜けてしまっている証拠です。
この症状が見られた場合はまず、自分の生活習慣の見直しを行い、場合によっては投薬治療を始めた方がいいでしょう。

・男性だけではない女性のAGA症状
AGAは男性型脱毛症という病名ですが、女性にも症状がみられるケースもあるようです。
女性の場合は男性よりももっと深刻で、早急に改善したい症状だと言えます。
なぜ男性ホルモンのジヒドロテストステロンが原因で発症するAGAが、女性にも発症するのかというと、女性にも男性ホルモンの分泌が行われているからです。
女性だからといって男性ホルモンがないわけではないのです。
これは男性でも同じことで、男性にも女性ホルモンが分泌されています。
女性版のAGAは、何らかの原因でジヒドロテストステロンの分泌が過剰になり、症状が発生したものだと考えられるわけです。

・AGAと脱毛症は違うの?
AGAと脱毛症では、原因やその症状自体が違います。
例えば、円形脱毛症などは、ストレスが原因で発生するものだと言われています。
円形脱毛症は、局所で発症するものですが、AGAは次第に薄毛が広がっていくものになります。
どちらも早期に改善に向けて治療を行っていけば、予後が良いという結果も出ているため、もし自身の頭髪に心配な要素が見つかった時には、速やかにクリニックで診察を受けるようにしたほうがいいでしょう。