AGA治療のデメリットとは?

HOME » AGA » AGA治療のデメリットとは?

AGA治療のデメリットとは?

・AGA治療のデメリットを知っておこう!
AGA治療には、デメリットもあるということを知っておかなければなりません。
薄毛の治療として、効果が認められているAGA治療ですが、それを継続するにあたってのデメリットについて、ここで説明したいと思います。

・AGA治療は高額な費用が掛かる?
AGA治療は、自由診療なので、掛かった治療費が全額自己負担になります。
そのため昔は、AGA治療薬にジェネリック医薬品がなかったので、治療にかかるお金は超高額でした。
ですが最近では、AGA治療薬に使うプロペシアジェネリックの処方が始まりましたので、治療費は5〜7割方安くなっています。

・AGA治療は長期間続ける必要がある
確かにAGA治療は途中でやめてしまうと、効果を感じられないまま終わってしまいます。
ですので、しっかりと継続しなければならないのですが、完治すれば、医師の判断で服薬を止められます。
それ以上に薄毛のコンプレックスを解消できる方が、喜ばしいことだと思います。

・治療のための労力が掛かる
治療は半年から1年以上と長期間に及ぶため、治療をする労力が掛かるというデメリットがあります。
クリニックに通院する必要もありますので、その分の交通費も考慮しておかなければなりません。
ただ、最近では自宅にいながら、スマホやパソコンのTV電話を使って受診することができるようになったので、通院の労力は大幅に削減されました。

・医薬品の副作用が心配
AGA治療薬は、医薬品ですので、副作用リスクがあります。
確認されている副作用には、精力の減退や、うつ症状、腎機能障害などがあり、他の治療薬を服用している場合は、併用禁忌薬ではないかどうかを医師に確かめる必要があります。
これらの副作用は、ごくわずかな人に現れる傾向ですので、過剰に警戒する必要はありません。
医薬品には、副作用のリスクが付き物ですので、まずはそれを念頭に置いて治療を検討する必要があります。

・結論を言うと治療はやるべき!
AGA治療のデメリットについて、色々と説明しましたが結論を言うと治療をやるべきだと思います。
できるだけ早期に治療に取り組むことで、AGAの進行を食い止めやすくなり、その分医療費も抑えることができます。
一回の治療で掛かる費用も、症状が進行してしまった状態より、まだ初期の状態であれば安く済みます。
ですので、まずは診察を受けてみて不安があれば、医師にAGAの治療について相談してみるといいでしょう。