HOME » AGA » AGA治療の内容は?

AGA治療の内容は?

・AGA治療の内容を知ろう!
薄毛の兆候が見え始めたら、できるだけ早い段階でAGA治療を始めた方がいいです。
AGA治療は、投薬治療がメインとなり、医学的にも効果が確認されています。
今回は、そのAGA治療の内容について、調べた内容を分かりやすく説明したいと思います。

・AGAの治療は「お薬」
AGAは、服薬治療を行います。
クリニックでは、AGA治療薬を処方されて、それを毎日決められた容量を服用するだけの治療です。
外科的手術が行われることは稀で、大体のケースでお薬での治療が進められてきます。
他には、育毛治療としてミノキシジル配合の育毛剤を塗布して、経過を観察するのが治療の流れです。

・プロペシアの効果とは?
日本国内で主に処方されているAGA治療薬は、プロペシアというお薬です。
これには、薄毛の原因となる男性ホルモン、「ジヒドロテストステロン」の分泌を抑制する働きがあると考えられています。
プロペシア自体は高価なお薬ですが、それのジェネリック医薬品が発売されてからは、お薬の処方にかかる費用もかなり抑えられてきました。

・生活習慣の改善も大切
普段の生活習慣を見直して根本的な問題を解決しないと、薄毛を再発させてしまいます。
毛髪の健康は、血行の状態が左右すると考えられており、血流が悪いと頭皮に血液が行かずに毛根が弱ってしまい、薄毛を発症させてしまいます。
そうならないよう適度な運動や栄養バランスに気をつけて、普段の生活から見直していかなければなりません。

・タバコで薄毛を再発させないために
タバコも、頭皮の血行を阻害するので薄毛の原因のひとつになります。
タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させて血液の流れを悪くする作用がありますので、毛細血管がたくさん通っている頭皮にも、当然悪い影響を及ぼしてしまいます。
できれば禁煙治療と一緒に、AGA治療を進めていきたいところですが、禁煙治療薬を使う時には、AGAとの治療を併用できるか、医師に相談してから始めないといけません。
禁煙をすると血流が改善されますので、薄毛治療に効果的だと言われています。

・どこで治療をすればいい?
AGAの治療は、それ専門で受診を行っているクリニックなどで、診察やお薬の処方をしてくれます。
基本的には保険診療になりませんので、治療費は全額自己負担となります。
月あたり大体1万5000円〜3万円程度の薬代がかかりますので、それを念頭においた上で治療にあたるようにしましょう。