HOME » AGA » AGA治療の薬とは?

AGA治療の薬とは?

・AGA治療は「薬の服用」から
多くの男性が、将来的に直面する悩みの一つに「薄毛」があります。
薄毛は、老化現象によるものだと思われがちですが、中にはAGAという男性型脱毛症の症状によって発症した薄毛である可能性もあります。
この場合、適切な治療を施すことで、治る可能性があるとのことです。
AGA治療では、処方してもらった治療薬を服用して経過を観察します。

・AGA治療で処方されるお薬
AGAの治療薬には、いくつか種類があるのですが、最近では国内向けにジェネリック医薬品が流通できるようになりましたので、プロペシアのジェネリックであるフィナステリド錠を処方するクリニックが多いです。
ジェネリック医薬品は、元々の治療薬であるプロペシアよりも安く処方してもらうことができます。
そのため、昔よりAGA治療に掛かる費用負担は少なくなりました。

・AGA治療はいくらするの?
平均的な金額は、ひと月大体1万5000円から18000円程度で、高い人になると3万円程度を目安にするといいです。
若いうちからAGAの兆候が現れる人もいますが、その場合は早期に治療することで治りやすくなります。
兆候が現れた早い段階で治療をすることで、治療費も少なくなりますので、出来るだけ早めに対処するように心がけた方がいいでしょう。

・AGA治療は途中でやめても大丈夫?
AGAの治療は、医師の指示を受けずに自己判断でやめてしまうと、十分な効果が得られない可能性があります。
AGAが再発してしまう恐れもあるので、何かしらの理由で治療を止める時は、一度医師の診察を受けてから決断するようにしましょう。

・AGAが発症する年齢は?
AGAの発症年齢は、30代を超えてきたあたりから徐々に症状が現れ始める人はいます。
中には20代で薄毛の傾向が現れ始める人もいますので、年齢の特定はできませんが、中年期に差し掛かった時辺りから警戒をした方がいいでしょう。

・兆候が見え始めたらすぐに治療を始めよう!
髪の毛が濡れた時に頭皮があらわになってしまうような状態や、以前とは明らかに髪の毛の質が変わってしまったというような状態の時には、医師の診断を受けた方がいいです。
AGA治療を行っている男性向けのクリニックは、夜間診療もやっているところが多いので、お昼仕事の人でも通院が可能です。
また、最近ではクリニックに通わずに、TV電話で受診できるようになりましたので、気軽にAGA治療が可能となりました。
手軽に診察が受けられますので、症状に心当たりがある場合はすぐにクリニックに相談するといいでしょう。