てっぺんハゲ

てっぺんハゲの原因はAGAだよ。正しい対策で治療できる

管理人のハゲ坊主はてっぺんハゲだった。つまり頭のてっぺんが薄かった。ところがAGA治療を1年続けたら、てっぺんハゲが改善されたんだ。こんな感じ。

てっぺんハゲが治るとお辞儀をするのも怖くなくなった。鏡を見ても気持が萎えなくなったのが嬉しかったな。

結論から伝えるよ。てっぺんハゲは正しい対策を打てば治療できる。しかし、間違った対策を続けると薄毛の進行は止まらない。

てっぺんハゲの原因はAGAだ!

てっぺんハゲの原因は98%の確率でAGA(男性型脱毛症)だ。AGAは男性ホルモン(テストステロン)が毛根で5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって生まれるジヒドロテストステロン(DHT)によって起こる。

ジヒドロテストステロン(DHT)が毛根を攻撃して抜け毛が増えるんだ。詳しくは以下の記事を参考にしてほしい。

AGA(ハゲ)の原因を知り、対策を打つ。育毛剤は効果がないと悟る日本人の薄毛の原因の90%は、男性型脱毛症(AGA)によるものだ。だから、AGAに対策を打たなければ薄毛を根本的に解決することはできない...

そして、AGA型の薄毛には特徴がある。頭頂部や額の生え際から薄くなっていくんだ。てっぺんの髪の毛は細く、柔らかくなって地肌が見えるようになっていく。

もうわかるはずだ。てっぺんからハゲているということはAGAを発症している可能性が限りなく高い。特に額の生え際(M字)の毛も弱弱しくなっているようなら間違えなくAGAだ。

AGAでもてっぺん部分とM字部分のハゲ方には個人差がある。人によってはてっぺんがかなり薄かったり、M字部分の進行が早かったりする。どちらにしても、行き着く先は後頭部までハゲる完全体だ。

ごくまれにてっぺんハゲを円形脱毛症かな?と誤解する人もいる。しかし、円形脱毛症は10円玉くらいのハゲができるが、周りの毛はしっかりと太くて強い。急激にハゲるからすぐに異常とわかるはずだ。

AGAはゆっくりと、徐々に薄毛になっていく。どんなに薄毛商品を使ったり、対策を打っても年単位で薄くなっていくんだ。

今のところAGAを治療するには治療薬を飲む以外ない

ではAGAはどのように対策を打てばよいのだろうか?AGAが発症するのは遺伝によって決まる。AGA型の薄毛になる人は遺伝子レベルで薄毛になりやすい。だから、育毛剤や生活習慣を変えた程度では薄毛の進行を止めることはできない(遅らせることはできる)。

唯一の治療方法はAGA治療薬を飲むことだ。AGA治療薬であるフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)は男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼが結びつくのを抑える。その結果、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成が抑えられるのだ

プロペシアの治療効果は絶大で、日本皮膚科学会ガイドライン『男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン』にも、AGA治療を行う際に強くすすめられている(推奨度レベルA)。AGA治療に強く勧められている治療薬はフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルとデュタステリド(ザガーロ)しかないのだ。

実はハゲ坊主のてっぺんハゲが改善されたのも、この2つの治療薬のおかげだった。てっんハゲはAGA治療薬を飲むことで多くの場合は改善されるんだ。AGA治療の体験談については以下の記事を参考にしてほしい。

多くの人は間違ったてっぺんハゲ対策をしている

てっぺんがハゲてくると多くの人は何かしらの対策を打つ。『育毛剤』や『育毛シャンプー』、『育毛サプリ』を使い始めるのだ

実はこの薄毛対策商品による対策はAGA治療にはほとんど効果がない。てっぺんハゲ対策としては間違った対策なんだ。

ハゲ坊主はAGA治療を受ける前に8年間も薄毛対策商品を使っていた。てっぺんハゲを改善するために、チャッチアップやリアップなど有名な商品は全て使ったんだ。まだ、家にいっぱい残っている(笑)。

それだけじゃない。以下のことも実践した。

  • 適度な運動(週3日)
  • バランスの良い食事(体重65kg)
  • 十分な睡眠(約7時間)
  • 髪に必要な栄養補給(亜鉛、シトルリン、ノコギリヤシ、etc)
  • 頭皮マッサージ(入浴時)

実際にはそれ以外の怪しい民間療法も試していた(笑)。それなのにてっぺんハゲは改善されるどころか、進行していく一方だったんだ

よく生活習慣を改善してストレスを解消すれば薄毛が改善できるという情報がある。情報発信者は本当に試してみただろうか?一度薄毛が進行すると、生活習慣改善やストレス解消では止まらないぞ・・・。

さて、先程のAGAの原因を理解したあなたにはわかるはずだ。AGA型薄毛はジヒドロテストステロン(DHT)に対策を打たない限り止められない。

だからはっきり言うと、育毛剤や育毛シャンプーや生活習慣改善もてっぺんハゲ改善にとってはほぼ意味がない。もちろん、生活習慣が良いと薄毛の進行は遅くなるし、AGA治療薬の効果も高まる。だから、しっかりと生活習慣を整えるのは大切。でもそれは根本的な解決にはつながらないんだ。

てっぺんハゲをどう生きるか?道は2択なんだ

ハゲ坊主はてっぺんハゲに悩む人の道は2択だと思っている。

  • てっぺんハゲをあきらめる
  • AGA治療を受ける

薄毛だからと言って死ぬわけではない。初対面の印象は良くないが、絶望的にモテなくなるわけではない。薄毛を受け入れていく道もある。それはそれで男らしくてカッコ良い。

一方で、全力を尽くして外見も磨きたいという人もいる。てっぺんハゲはAGA治療なら高い確率で改善できる。現代医学をもってすれば、薄毛は治療できる時代になったのだ。

もちろん、どちらを選んでも良い。自分が納得できる道を選んでほしい。できるだけ早く決めるのがおすすめだよ。なぜなら、AGA治療は毛根が死んでしまうと治療薬では効果が出ない。『植毛』か『カツラ』の選択肢はあるが、かなりの高額治療となる。

最もやってはいけないのが『育毛剤』や『育毛シャンプー』や『育毛サプリ』のような薄毛対策商品にお金をかけることだよ。これらの商品では根本的な解決にならないし、時間とお金の無駄なんだ。

番外編:てっぺんハゲを目立たなくする方法

AGA治療は受けたくないけど、てっぺんハゲをどうにかしたい人もいると思う。そんな方には髪型で薄毛をカバーする方法もある。坊主や短髪であればてっぺんハゲは意外と目立たない

ハゲ坊主の名前は薄毛の改善をあきらめて坊主にしようと悩んでいた時に付けたんだ(笑)。AGA治療についてはどうしても気が進まないという方は、短髪を検討してみてね。